EvoLab VOL.02 | 個人の運動能力モデルの作成

EvoLabは、COROSが新たに発売した個人体力管理システムとして、運動能力、トレーニング負荷、トレーニング効果などの指標を評価することで、ユーザーのより良い運動トレーニング管理をサポートします。

運動を継続している既存ユーザーの場合、今回のアップグレード後、COROSが過去のデータに基づいて自動的にモデルを作成するため、追加の操作は必要ありません。 新規ユーザーや、しばらく運動を記録していない既存ユーザーの場合は、システムが個人の運動モデルを作成するためには、ある程度の量のトレーニングデータ が必要となります。この記事は、より迅速に個人の運動モデルを作成するのに役立ちます。


平地ランが、モデルの作成に役立ちます

EvoLabのモデルは現在ロードランニングに焦点を当てているため、モデルを作成するためにはアウトドアランやトラックランのデータが必要です。モデルが一旦作成されると、他の運動タイプ(心拍数データがある場合)の運動記録では、対応するトレーニング負荷評価が生成され、個人のモデルにカウントされます。 なお、モデル作成期間中は、平坦な路面でトレーニングを行い、 標高差の大きなトレーニング環境を避けることを推奨するという点に注意してください。

十分な時間をかけて有効データを蓄積します

また、個人モデルの作成には、ある程度の量の有効データの蓄積が必要です。体力レベルをより正確に評価するため、EvoLabは7日以上のアウトドアでの平地ランのデータを収集する 必要があります。また、個人のトレーニングスケジュールに応じて、トレーニング内容はイージーランニング、有酸素運動のミックス、テンポランニングを交互に行うなど、トレーニングタイプを多様化させることで、モデル作成の精度を高めることができます。

まだ個人モデルを作成していないユーザーのために、COROSアプリには収集された有効データ量に関するヒントが組み込まれており、モデル作成プロセスをリアルタイムで理解し、トレーニングを実行して個人モデルをより早く作成することができます。

モデルは一旦作成されると常に有効ですが、運動の間隔が長すぎると、運動能力評価や生理学的評価などのデータが大きく変化する可能性があります。一定期間の定期的な運動を行うと、データは再び安定します。


ずっとモデルが作成されないのはなぜですか?

指示に従い適切な量のアウトドアランを完了したにもかかわらず、個人運動モデルが作成されない場合は、ペースや心拍数データに異常があるなど、不安定な運動データ が原因である可能性があります。EvoLabのアルゴリズムは異常データを自動的にフィルタリングするため、有効なデータが不足することになります。

・上記の状況が発生した場合は、japan@coros.com までお問い合わせください。

関連記事

TOP