こうすれば、ウォッチのバッテリーはもう少し長持ちします

アウトドアスポーツウォッチを購入する際、多くのユーザーはバッテリー駆動時間をポイントにします。UTMF、168キロ、100マイルなどの超長距離レースや、ロングトレイル、キャンプなど充電が不便なシーンでは、バッテリー駆動時間の必要性はさらに切実です。COROSウォッチは、このようなシーンでもアスリートを保護し、運動プランや生理データの正確な記録ができる駆動能力を備えています。

では、充電ができない状況では、どうすればバッテリーの使用効率を最適化し、完走できるだけのバッテリーをウォッチに持たせることができるのでしょうか。まず、ご使用のウォッチのバッテリーがどのくらい持つのかを知る必要があります。


PART. 1 COROSウォッチのバッテリーの確認方法

通常、COROSウォッチのバッテリーは文字盤に表示されます。バッテリーが文字盤に表示されない場合は、バッテリーのパラメータが表示されるまでBackキーを押してパラメータを変更する必要があります。

また、COROSのバッテリー容量ウェジェットを使えば、バッテリー使用曲線や消費バッテリーの分布を直接見ることができるほか、ユーザーの使用習慣に基づき、日常使用時やGPS運動モード時のバッテリー駆動時間を推定することができます。


PART. 2 ウォッチのバッテリー駆動に影響を与える要因とその対処法

バッテリー統計機能から適切な情報を得た後は、自身の実際の使用ニーズに合わせて一部の機能を調整してバッテリーの使用効率を最適化すると、想定通りのバッテリー駆動時間を得ることができます。ウォッチのバッテリー駆動に大きく影響する以下の要因を把握しておくと、レース中にも余裕を持って対処できます。

GPSの信号強度

GPSの信号強度が弱くなると、ウォッチが信号を収集する頻度が高くなり、消費バッテリーが増加してしまいます。運動を始める前に、広い場所を選んで測位を行い、ウォッチの「衛星データ」をオンにして、対応するモードで所在地の衛星カバレッジを把握してください。

スクリーンバックライト

トレイルの長距離レースでは、夜明け前にスタートすることもあり、アスリートは暗闇の中でウォッチのデータを確認する必要があります。ウォッチのバックライトを常時点灯に設定する人もいますが、これでは無駄なバッテリー消費が発生してしまいます。そのため、レース中にバックライトを常時点灯するのではなく、ナイトモードを使用すると、 運動データを随時把握するのにも役立ちます。

日常の心拍数モニタリング

COROSのウォッチサイドでリアルタイム心拍数モニターをオンにすると、手首を上げるたびに文字盤の心拍数情報が自動的に更新されるため、ウォッチのバッテリー駆動時間に影響が出てしまいます。日常の心拍数モニタリングの間隔設定を10分に変更すると、この状況は改善されます。

ナビゲーション機能

また、ナビゲーション機能を長時間使用すると、バッテリー駆動時間に影響を与えることがありますので、必要に応じて、ウォッチデータページではナビゲーションページを長時間開いたままにしないでください。

アクティビティアラート

COROSウォッチは、ラン中にバイブとトーンでアクティビティアラートを行うことができますが、バイブによるアラートが頻繁に行われると、バッテリー消費の大きな原因となります。トレイルの長距離レースでは、不要なバイブアラートをオフにすることで、バッテリー駆動時間を最適化することができます。

その他の要因

血中酸素濃度計などのセンサーを頻繁に使用したり、ANT+やBluetoothのアクセサリーを接続したりすると、消費バッテリーが大幅に増加します。また、周囲の温度が低いと駆動時間にも一定の影響があります。

なお、上記の方法は、一時的に充電できない場合を想定したものであり、通常のトレーニングやレースでは、長距離のレースやハイキングを行う前に十分な準備をして、ウォッチに十分なバッテリーを充電しておくことをお勧めします。

また、COROSウォッチはリチウム電池を使用しています。日常的なシーンでは、バッテリー残量が少なくなるのを待ってから充電するという必要はなく、可能な時に使用しながら充電することで、リチウム電池の持ちを良くすることができます。 また、3か月以上ウォッチを使用しない場合は、80%程度まで充電してから電源を切って保管することをお勧めします。また、太陽の光や湿度の高すぎる環境にさらさないようにしてください。

関連記事

TOP