COROSウォッチではどのようにしてリアルタイム心拍数を表示するのでしょうか?

「すべてのCOROSウォッチには光学式心拍センサーが搭載されており、ユーザーに正確な心拍数情報を提供し、運動状況を反映してトレーニング強度をコントロールするとともに、運動後の心拍数データによりトレーニング効果を分析することができます。」

運動には心拍数のデータが欠かせませんが、多くのユーザーが日常生活でも心拍数の情報のリアルタイム表示を可能にすることを望んでいます。現在、自分の心拍数をリアルタイムで知るための方法は複数あります。なお、リアルタイム心拍数を表示するには、センサーの設定で24時間リアルタイム心拍数モニターをオン にする必要がありますが、リアルタイム心拍数モニターをオンにすると、ウォッチのバッテリー駆動時間に多少の影響があります。


文字盤での心拍数データの表示

日常リアルタイム心拍数モニターの機能をオンにすると、手首を上げるたびに文字盤の心拍数情報が自動的に更新されます。ほとんどのCOROSウォッチの文字盤が心拍数表示をサポートしています。 待機画面でBackキーを押して画面を調整し、データをカスタマイズしたり、歩数、日の出時刻/日没時刻、心拍数などの各種データを切り替えたりして、心拍数データを表示することで、リアルタイムに心拍数を知ることができます。


日常の心拍数の記録

より詳細な心拍数データ、リアルタイム心拍数、心拍数トレンドなどを見たい場合は、ウォッチのロックを解除した後に心拍数記録ページに調整すると、画面上部にリアルタイム心拍数情報が表示され、その下の曲線がその日の心拍数トレンドを示します。 表示ボタンをタップすると、心拍数トレンドの詳細グラフにアクセスしたり、さまざまな期間の平均心拍数をデジタルダイアルやタッチスクリーンで表示することができます(APEX ProおよびVERTIXのみ)。


心拍数の通知ツール

Backキーを長押ししてツールメニューに入り、心拍数の通知機能を選択すると、リアルタイム心拍数や心拍数ゾーン情報を表示することもできます。 また、心拍数の通知機能は、ユーザーがリアルタイムに情報を知ることができるだけでなく、ANT+やBluetooth信号により、リアルタイム心拍数情報を、心拍数信号の受信をサポートしている機器に通知することができます。

例えば、GPSメーターを使用したバイク活動では、心拍数データをウォッチに通知することができます。つまり、心拍数バンドを別に使用することなく、バイク運動中にウォッチでリアルタイム心拍数データを取得することができます。 また、エアロバイクやインドアローイングマシンなど、心拍数データを受信できる新しい運動マシンを導入するジムも増えています。ウォッチを心拍数データのソースとして使用し、信号を対応する機器に通知することで、コーチやユーザーは運動効果や生理状態を簡単に確認することができます。

また、個人向けのインドア筋トレ用ソフトウェアの中には、運動効果をより正確に評価する方法として、クールダウンセッション中にBluetoothの心拍数デバイスを接続して心拍数情報を通知できるものも多くあります。ユーザーは、ソフトウェアにBluetooth心拍数アクセサリとしてウォッチを追加することで、使用体験やデータの精度を向上させることができます。

上記の方法により、リアルタイム心拍数を素早く把握することができます。COROSウォッチが光学式センサーを介して提供する心拍数データは、運動や日常生活において参考になる点がありますが、 医学的な参考データとしては使用できませんので、心臓の健康に関するデータに問題がある場合は、速やかに専門の医師の診断を受けてください。

関連記事

TOP